アジアの治癒トリートメント

カッピングセラピー

カッピングセラピーは、昔から続く皮膚に対する代替療法であり、治癒を促進するために血流を促進させます。

 

特定の治療法に応じて、カップを取り外した後、肌へ跡が残るのが一般的ですが、こちらの後はすぐに消えます。特定の場所から別の場所に吸引されている間にカップを移動させて筋線維を破壊する場合、カップによって残される跡は通常打撲によるものです。通常この治療には痛みを伴いません。

 

各セッションは30〜40分で行われます。

スクラブトリートメント

 

グアシャイ(刮痧)は、皮膚を擦って軽い打撲を起こす中国伝統の治療法です。グアシャイでは、打撲を起こした部分から不純物を放出し、血流と治癒を刺激します。この治療法は英語で「スプーニング」「コイニング」と呼ばれることもあります。

 

グアシャイは、滑らかに潤滑されたエッジで皮膚に繰り返し圧力をかけるストロークを伴います。皮膚は通常、マッサージオイルで潤滑され、一般的に中国のセラミック製のスープスプーン、またはヒスイが使用されます。

 

滑らかなエッジでオイルを塗った皮膚の表面に当ててしっかりと押し下げ、筋肉を下方向に動かします(例:フリクションストローク)、または鍼の経絡の経路に沿って、各ストロークは約4〜6インチとなっています。各セッションは30〜40分で行われます。